災害に強い家とは

未だ記憶に新しい2011年3月11日の東北大震災。
母の実家は福島県いわき市にあります。

当時、いわき市に住む叔母家族が心配になり、連絡を取ろうとしましたが、電話は全く通じませんでした。
独立して別々に住む従姉妹とは、携帯電話がつながり無事を確認できたものの、本家とは連絡が取れず、家屋をはじめとする現場の状況は全くわかりませんでした。

電話がつながったのは、震災から5日ほど経ったころでした。
しかも、その家は俗に言う「黒電話」を使っていたので、電気が止まっていても通じました。
叔母に状況を確認すると、棚においてあったものが倒れて散乱することはあったものの、家屋は無事でみんな元気だということでした。

その時の話で分かったことは、電気は止まっているが水道は昔から井戸水を使っているし、ガスはプロパンガスだから料理などもできるということでした。
リフォームした際に作った内風呂は、電源が入らず湯を沸かすことができないので使えないが、その代わり残しておいた五右衛門風呂がまだ使えるので、お風呂も入れるし、トイレも汲み取り式なので問題ないとのことでした。
また暖房も普段から灯油ストーブや墨の掘り炬燵なので、これも普段通り使えるとのことでした。
さすがにテレビは見られないですが、農家なので就寝も早く昼間は畑に行っていつも通りラジオを聴いているので、不便は感じないとのことでした。

計画停電で数時間電気の供給がなかっただけでもものすごい不便を感じ、宝くじが当たったら太陽光発電で自家発電のできる家を買おうと思っていた私は、叔母の話を聞き、電気機器に頼ってばかりの生活を維持しようと考えるより、もっと原点に返った生活を考えた方がよいのではないかと思うようになりました。

あの震災以来、太陽光発電を売りにした住宅の広告をよく目にしますが、災害に強い家とはもっとシンプルに、原点に立ち返った生活のできる家なのかもしれません。

医療のVIO脱毛

ワキの毛がなくなると次に気になるのがビキニライン。
最近は卵型とか、ハート型とか、I型とか色んなカタチに脱毛してくれるらしいです。
私の場合、ビキニラインもさることながら、Iラインの方もショーツからはみ出ることがあってとっても気になってました。
そこで、とりあえずV・I部分の脱毛をお願いすることにしました。

施術のスタッフの方にVのカタチを聞かれて迷っていたら、ブラジリアンにしちゃう人も最近は多いですよ~とのこと。
確かに、可愛く卵型にしてもらったとしても、毛が伸びてしまったら結局短くしないとそこがはみ出ちゃうんですよね。
そのトリミングが手間だから脱毛したいのに!
と、本末転倒な気がしてきたので、思い切って全部スッキリいっちゃうことにしました(笑)

ワキの経験があるものの、やっぱりデリケートエリアは痛そう。
気合を入れていったつもりでしたが、やはり痛かった。。
普通、Iラインの方がデリケートで痛そうですが、実際に痛かったのはVの真ん中あたり!
これはもう、連続照射は無理なほど痛くて、一回ずつゆっくりやってもらいました。。
前夜までに剃毛するように言われるのですが、これをしっかりしていない所はレーザーが過剰に反応するので痛みが強いらしいです。

Oの部分は自分ではなかなか見えないのですが、結構生えてるものらしいです。
私もやるつもりはなかったのですが、もうここまできたらついでだ!とお願いした所、VIより痛みは確実に少なく、ほんの20秒くらいで終了。

VIO脱毛、本当に痛くて施術後にはもう無理って思うんだけど、不思議と次の施術可能日(6~8週間後)には痛みを忘れてて、イケるか?!と思ってしまう(笑

家事を選択することで、面倒くらいからサヨナラできます。

主婦でありながら主婦業があまり得意でない人にとって、家事は面倒なものなのではないでしょうか。美容や医療脱毛にばかり気を遣っていられませんよね。そういう私も例外ではなく、料理の後に汚れたガス台を見てはため息をつき、食事の後の山積みになった汚れた食器を見ては、またため息をつく、そんなことの繰り返しに時々嫌気がさすこともあります。誰か洗ってくれないかなと心で思うことも多々ありますし、家族に手伝ってくれてもいいんじゃないと言ったりしたこともありました。

それでもやはり、自分でする方が早いこともあり、面倒くさいと思いながらも結局は自分で済ましてしまうのです。自分でやってしまった方が気分的にもスッキリするところがあるので結果オーライではあるのですが。それでも、できる限り面倒くさいという思いを持つことがないようにするにはどうしたらよいのかと考えた時に思い付いたのが、後回しにしないこと、すべての事をするのではなく、できる事だけをするということでした。

後回しにしないということは、料理をしながら使った鍋や食器や道具を洗っていってしまうということです。常に流し台や調理するスペースを片付いた状態にしておきます。片付いた状態であれば、料理をしていても次の作業もしやすくなりますし、とにかく気持ちがスッキリして安定した味を作ることができると思うからです。

そして、すべての事をするのではなくできる事だけをするということは、部屋、お風呂、トイレなどの掃除から洗濯まで、食事以外の家事をすべて毎日こなそうとするのではなく、その中から、必要な順に選択して行うということです。例えば、今日はガス台や流し台の汚れが目立つから台所を集中して掃除しようとか、窓や網戸の汚れが気になるけど、今日は時間がないので明日にしようとかというように、一日一日の作業を決めて行うようにするのです。汚れのないきれいな家は、人の心をもきれいにしてくれるものだと思います。

ですから、できる限り汚れを取るようにしたいとは思うのですが、面倒くさがり屋さんにとっては思っていはいてもなかなか行動に移せないところがありますから、この家事を選択するという方法はちょっといいアイディアなのではないかと思っています。